薬剤師の面接で多い逆質問とは

薬剤師として働くうえで確認すべきことは

あとは、出世や昇給の余地を逆質問されることも多いです。
ドラッグストアは病院勤務よりも比較的給与が高く、面接をしていると病院勤務から転職をしようとしている人とも出会います。
どれくらい働けばどれくらい伸びる可能性があるのかなど、割と直球で訊かれるためいつも応対が大変です。
私だって昇給の余地が大きいところで働きたいと思っていますから、転職で来る人には尚更なのでしょう。
近年は新卒の応募者でも遠慮なく訊きますし、随分とこの職種の価値観も変わってきたなと実感するばかりです。
薬剤師の仕事をしていると、人の入れ替わりが激しくて残念に思うこともあります。
ただ別れもあれば出会いもあるということで、ようやくここ最近になって面接の役割も楽しめるようになりました。
逆質問の内容を聞いていると自分にも当て嵌まることはありますし、応募者のニーズを勉強する機会にさせてもらっています。
もしこれから薬剤師を目指す、或いは転職のため面接を受けようとしている人がいれば、どんどんと訊きたいことを訊いてもいいのではないでしょうか。
きっと売り手市場の間でしかできないことでしょうし、後悔のない職場選びをするには当然の権利とも言えます。
面接で全ての実態が明らかになるわけではありませんが、積極的に質問をすることで納得できることも増えていきます。
お互い良い働き方ができるよう、共に頑張りましょう。

薬剤師として面接官をすることがあります面接で多い逆質問薬剤師として働くうえで確認すべきことは